涼しい木陰を作るみどり

みどりの効果2

涼しい木陰を作るみどり

ヒートアイランド現象とは
都市部の中心街区がコンクリートなどで地上が覆われた状態では日中の太陽エネルギーで暖められた空気や構造物により、他の場所より気温が高くなる現象を言う。
涼しい木陰は
木陰が涼しいのはただ単に日差しが遮られているからだけではありません。樹木が盛んに水分の蒸散作用を行って、自分自身や周りの温度を下げているからなのです。
連続した樹木は
1本の樹木だけでも木下は涼しいのですが、これらの樹木が連続したり集団であると、周囲に与える影響は大きくなります。
温度の差のある場所では、大気の対流が起こります。つまり風が起こり益々涼しさを作るのです。其処は風の通り道になり、他の場所(海や川他の緑地)から新鮮な空気も呼び込んできます。
蒸散作用
樹木の蒸散作用で消費される水の量は樹種や、時期、気温などさまざまの要素があり一概にいえませんが、高さ10m 常緑広葉樹 夏 と設定すると 約200L~400L /1日 位と思われます。 お風呂1杯分です。
打ち水をすると涼しくなりますね。 それの数十倍の打つ水をしたのと同じ効果が実感出来ます。
 一般社団法人山口県造園建設業協会
〒753-0831
山口県山口市平井634-1 K'sビル2階
TEL.083-924-5292
FAX.083-924-8091