協会活動

みどり豊かな生活環境の創造をめざして

   (一社)山口県造園建設業協会(県造協)は、みどりの持つさまざまな効用と重要性を広く県民に訴えていくと共に、自らの技術の向上に取り組み、より美しい県土の建設に取り組みます。
 

”人と自然の共生”をめざして

緑は無機物を有機物に変え、生命の根源を支えています。すべての生物はみどりのお陰で生命を維持しています。地球上にみどりがなくなれば、いかなる生物も生命を維持する事は出来ません。
このみどりを愛し、敬うことは、自然と生命を共有する人間の心の礎でもある。
日本の自然は四季の変化に富み、花と緑への畏敬の念と賛歌の念を我々の先祖は非常に大切にしてきた。
それらの思いを未来の子供たちへ引き渡すべく、現在の都市文化の中に残して行きます。
 

”ひろがる造園の領域”

造園の領域は私的な空間から、公園や道路などの公共的空間に広がって発展してきました。
屋上緑化や河川などの緑化、自然復元、など人間と自然を取り巻くあらゆるエリアが造園のフィールドです。
各種公園
自然再生
野外レクレーション施設
自然公園
キャンプ場
スキー場
ダム周辺環境整備
ゴルフ場
里山再生
農業公園
農村景観整備
動植物園
テーマパーク
道の駅
墓苑
サービスエリア
インターチェンジ
空港緑化
街路樹
河川緑化
多自然型河川
駅前広場
住宅庭園
道路花壇
防災公園
道路法面緑化
遊歩道
学校緑化
校庭芝生化
屋上緑化
海浜公園
各種緑地管理
ビオトープ
港湾緑化
防風林造成
スポーツの芝生
常に社会のニーズにあわせて、多様な環境・緑化空間の創造や維持管理を行っていきます。

”造園技術の向上と調査研究”  

資格又は研究テーマ
内 容
造園施工管理技士
国土交通省所管の資格
造園工事の規模の大型化、内容の多様性、技術の高度化に対応
出来る技術を持つ事を認定するもの
中規模以上の工事では現場担当に義務付けられている
造園技能士
厚生労働省所管の資格
造園技能士は庭に関するさまざまな知識と技能の検定を行い、その合格者だけに与えられる国家資格
造園基幹技能士
多くの工種に精通した幅広い知識、経験、技能、美的センス、施工現場の総合的な管理能力を持つ造園技能者が、「造園基幹技能者」として認定されています。
植栽基盤診断士
大切な緑を健康に保つ土壌のスペシャリスト。
街路樹剪定士
街路樹は、快適で美しい都市空間と環境改善や防災機能を担う大切な役割をはたしています。その大切な街路樹を守り育てるスペシャリストです。
造園マイスター
山口県で認定されている卓越した技能を有し、後輩の指導に当る技能者を認定しています。現在数名が認定されています。
校庭芝生地化
学校の校庭を芝生地化するために行った研究です。
モデル校として県下3つの小学校で校庭芝生地化を行いました。
土壌改良工法の確立
最近の緑化予定地は大規模開発の影響で植栽土壌としては劣悪な場所が多い。その様な土壌では植物は健全に育つ事が難しい。
そこで、その様な土壌に対する改良方法を研究した。
剪定枝葉のリサイクル
今まで廃棄物として埋め立てや、焼却にしていた枝葉をリサイクルする方法に付いて研究した。

”造園業界の体質強化と快適な職場環境作り”

  1. IT化の推進とネットワークの整備 会員に対する各種講習会や、ネットワーク環境への対応に努めています。
  2. 安全快適な職場環境の創出 会員企業の現場に出向き安全管理について、指導助言を行い職場環境の改善に当っています。
  3. 市民への緑化啓蒙と各種展示会への出展 都市緑化の重要性を訴える「緑化の集い」 や県主催の住宅フェアーへの出展を行っています。